4421円 プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル (Color : -) DIY・工具・ガーデン 建築・住宅資材 タイル (Color,-),DIY・工具・ガーデン , 建築・住宅資材 , タイル,:,プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル,4421円,www.spicysoft.com,/overtrouble790251.html (Color,-),DIY・工具・ガーデン , 建築・住宅資材 , タイル,:,プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル,4421円,www.spicysoft.com,/overtrouble790251.html プール真空ヘッドは コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁 SALE開催中 タイル 床 Color - : 階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル 4421円 プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル (Color : -) DIY・工具・ガーデン 建築・住宅資材 タイル プール真空ヘッドは コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁 SALE開催中 タイル 床 Color - : 階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル

プール真空ヘッドは コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁 訳あり SALE開催中 タイル 床 Color - : 階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル

プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル (Color : -)

4421円

プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル (Color : -)

商品の説明

?特徴:
図1に示すように、スナップオン角度調整ハンドルクリーニング要件に応じてハンドル角を調整し、ユーザーフレンドリーであることができ、高品質のPPの材料から作られています。
図2は、ハンドルと、ブラシの背面には、ネジで固定され、取り外し可能であり、ネジが二次利用のためにブラシを交換するために取り外すことができます。
図3は、高品質のナイロン素材と新しい栽培技術は、植栽や均一性の高い密度を持ち、かつ徹底的にプールの壁やプールの底部に取り付けられた頑固な汚れをきれいに。
4、これは、1つのデザインに吸引してクリーニングを兼ね備えています。吸引プールブラシは深い汚れを磨くために、プールの中に深く浸透し、かつ容易に清掃するためにブラシの汚れを吸収することができます。
図5は、効果的に清潔で衛生的なスイミングプールを維持するために洗浄することができます。

?仕様:
名前:プラスチックプールブラシ
重量:約。千グラム
サイズ:約。47 * 8センチメートル/ 18.5 * 3.14inch
製品のコネクタ:Approx.1.5インチ
製品材料:PP材料+ナイロンウール
製品の使用:汚れを吸収し、プールの壁、プールの底を清掃してください。

?包装内容明細書:
クリーニング吸引ブラシ* 1

当社は、当社の製品に完全な自信を持っています。あなたが当社の製品に満足100%でない場合は、メールにてご連絡ください。顧客満足は私たちの最も重要です。

プール真空ヘッドは、コンクリートや石膏プール清掃用のクリーニング壁、タイル、床、階段楽々のために調節可能なプールクリーニングブラシヘッドをハンドル (Color : -)

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。