ブログ


スパイシーウォッチ


公道を走れるカート「X-Kart」で三田を爆走した話(前編)

CATEGORY: 雑感

皆さん、カートは好きですか?

スパイシーソフトは全社的にカートが大好き!
社内の親睦イベントとしても、よくカート大会を催しています。

そんな私達なので「カートをなんとかゲームにできないか?」というのも、
スタッフ間でよく話題に上ります。そのくらいカートが大好きなんです。

先日はこんなイベントも。

01_アプリ★ゲットカップの様子2.jpg
01_アプリ★ゲットカップの様子.jpg

弊社が主催したスマホ業界なら誰でも参加可能!なカート交流会の様子です。

そんなある日、カート大好きな私達のもとに1つのタレコミが。
「公道を走ることができるカートがあるらしい......。」

スパイシー的には、もうこれは行くしかないですね。
早速、販売店のメカニカ様にご連絡を差し上げ、取材&試乗のお願いをすると、
快く承諾をいただきました。


~試乗当日~

私がメカニカ様に到着すると、ほどなくしてやってきたのは、、、

02_スパイシーマン.jpg

キター!
カート社内最速のスパイシーマンです。

軽くビックリしたところで「X-Kart」とご対面です。
03_X-Kart ヘビーチューン.jpg
04_X-Kart ライトチューン.jpg
ヘビーなチューンが施された車両(上)と、ライトチューンの車両(下)。

ちなみに通常のレンタルカートはこんな感じ。
05_レンタルカート.jpg

カートと比較した「X-Kart」の特徴はこんな感じです。
車体が大きい タイヤや車格など、全体的に1周り大きい印象。
保安部品付き ヘッドライト、テールランプ、ウインカー、ミラーがついています。
ウイング付き エアロが充実!レーシーです。
ナンバー付き ミニカー登録されているので、当然ナンバー付き&公道走行可能!
ギア付き   変速は無断変速なのですが、リバースギアがあり、バック可能。
メーター付き 速度や走行距離が分かります。
デフ付き   なんと!スムーズに曲がれるメカがついてます。

公道を走るための装備が過不足なくついている、といった印象。
貧弱すぎたり、小さすぎて不安を覚える、ということもありません。

操作方法の簡単なレクチャーをいただきつつ、、、
否が応でも高まる期待感!!!


●後半へ続く●






プレスリリース

人気ブログ記事

採用情報

最新ブログ記事








ページの先頭へ