ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 超激得SALE 拡張マウスマットマウスパッド 31.5x12インチ 狼マウスパッド 3649円 ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード 拡張マウスマットマウスパッド ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 31.5x12インチ (狼マウスパッド) パソコン・周辺機器 PCアクセサリ・サプライ キーボードマウスアクセサリ 3649円 ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード 拡張マウスマットマウスパッド ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 31.5x12インチ (狼マウスパッド) パソコン・周辺機器 PCアクセサリ・サプライ キーボードマウスアクセサリ ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 超激得SALE 拡張マウスマットマウスパッド 31.5x12インチ 狼マウスパッド コンピューターキーボード,31.5x12インチ,動物マウスパッド,拡張マウスマットマウスパッド,パソコン・周辺機器 , PCアクセサリ・サプライ , キーボードマウスアクセサリ,/Almira1214367.html,オフィス用大型マウスパッド,www.spicysoft.com,ゲーム用マウスパッド,ゲームプレーヤー用ステッチエッジ,3649円,(狼マウスパッド) コンピューターキーボード,31.5x12インチ,動物マウスパッド,拡張マウスマットマウスパッド,パソコン・周辺機器 , PCアクセサリ・サプライ , キーボードマウスアクセサリ,/Almira1214367.html,オフィス用大型マウスパッド,www.spicysoft.com,ゲーム用マウスパッド,ゲームプレーヤー用ステッチエッジ,3649円,(狼マウスパッド)

ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 超激得SALE 拡張マウスマットマウスパッド [並行輸入品] 31.5x12インチ 狼マウスパッド

ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード 拡張マウスマットマウスパッド ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 31.5x12インチ (狼マウスパッド)

3649円

ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード 拡張マウスマットマウスパッド ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 31.5x12インチ (狼マウスパッド)

商品の説明

カラー:ウルフマウスパッド。

【特徴】

*ゲーマーによるデザインで、ゲームやオフィスでの作業に最適です。

* ゴム製。

*寸法: 長さ(800mm) x 幅(300mm) x 高さ(2mm) 31.5インチ x 12インチ x 0.09インチ。

* フルサイズのキーボードに対応。 マウスに十分なスペースがあります。

*低摩擦: スピードコントロールにより滑らかな表面。

*ポータブルマウスパッド、簡単にロールアップできるマウスパッド。

*異なるマウスセンサーと感度に最適化されています。

【パッケージ】

大きなマウスパッド×1。

注意:

1. 手作業で測定しているため、サイズに0.5~2cmの誤差が生じる場合があります。

2.光の加減や画面によって色が若干異なる場合がありますのでご了承ください。

ゲーム用マウスパッド 動物マウスパッド オフィス用大型マウスパッド コンピューターキーボード 拡張マウスマットマウスパッド ゲームプレーヤー用ステッチエッジ 31.5x12インチ (狼マウスパッド)

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。